レタッチ 商品画像加工 製品CG加工 フォトレタッチ真加工 | バーチャルフォト

  • バッグ アパレルフォトレタッチサンプル画像
  • ボトル 瓶 コスメサンプル画像
  • カメラレンズ 写り込みサンプル画像
  • スマートフォンケース スマホケースサンプル画像
  • コントローラー 腕時計 サンプル画像
  • スマートフォンフィルムサンプル画像
  • フラワー 花 ガラスインテリア サンプル画像
  • ガラス グラス サンプル画像
  • メガネ サングラス サンプル画像
  • ボトル 香水 コスメ サンプル画像
  • ジュエリー アクセサリー シルバー 輝き サンプル画像
  • スマートフォンスタンド 合成 自然 サンプル画像
  • 水しぶき 水洗い 水中 サンプル画像
  • 水中 レタッチサンプル画像
  • グラス ガラス 透明感 サンプル画像
  • 金属 ゴールド 輝き サンプル画像

商品レタッチ加工

1カット 1000円~ 写真撮影込レタッチ 3,000円~

「商品レタッチ」や「商品画像レタッチ」、「物撮りレタッチ」の重要性は、オンラインショッピングが急速に普及する現代においてますます高まっています。
そんな商品レタッチ」に焦点を当て、プロの技術がいかにして商品画像のクオリティを向上させるのか、その効果的な方法をご紹介します。

オンラインショッピングでは、顧客は商品を直接手に取って確かめることができません。
そのため、「商品画像レタッチ」が重要な役割を果たします。高品質な商品画像によって、消費者に商品の魅力を伝えることができるのです。

「物撮りレタッチ」は、商品撮影の際に生じた不都合や欠点を修正し、商品画像の魅力を引き出すために行われます。
例えば、撮影時に生じた影や色味の不自然さ、画像のノイズなどを編集し、商品画像をより魅力的に見せることができます。

また、商品レタッチを行うことで、商品画像をより美しく、明るく、また視覚的に引き立てることができます。
これにより、消費者の興味や購買意欲を刺激することができるのです。

まとめると、「商品レタッチ」、「商品画像レタッチ」、そして「物撮りレタッチ」は
オンラインショッピングにおいて商品の魅力を最大限に引き出すために不可欠なプロセスです。
これらのキーワードに強いSEO対策を施した文章を作成することで
オンラインショッピングの業界で競争力を高めることができるでしょう。

Photoshop・高品質画像加工 adobe フォトレタッチ代行

メーカー写真のような
レタッチサービス CG加工     

スマホレタッチ adobe photoshop フォトレタッチ代行 スマホレタッチLightroom adobe フォトレタッチ代行 スマホレタッチInstagram adobe photoshop フォトレタッチ代行 スマホレタッチ夜景 adobe photoshop フォトレタッチ代行

レタッチの実績は通販商品・ネット商品画像・ジュエリー写真・人物写真・モデル写真・化粧品・スキンケア写真・テレビ関係・ファッション雑誌写真
・建築、竣工写真、不動産写真など。画像処理ソフトのフォトショップとペンタブレットなどを使って加工させていただきます。

表現の幅が広がる

水滴・破損表現など、加工でしか表現できない
画像でワンランク上を目指すあなたに。

ガラス製品や反射素材など、視認性の悪い商品でも
画像加工ならではの鮮やかで伝わりやすい表現が
実現できます。

スマホガラスレタッチ プロ photoshop フォトレタッチ代行
スマホガラスタブレット photoshop フォトレタッチ代行

水滴・撥水表現

撮影だけでは表現しづらい
水滴・撥水表現も加工で可能になります。

汚れ加工

汚れに強い商品ポイントも
こんなに伝わる画像に。

スマホ表面レタッチ adobe photoshop フォトレタッチ代行
スマホ水滴・撥水レタッチ adobe photoshop フォトレタッチ代行

気泡表現

撮影だけでは伝わりづらい
保護フィルムのような商材も
加工でより伝わりやすい表現に。
気泡なども撮影だけでは表現しづらい画像も
加工でこんなに伝わりやすい表現が可能。

破損表現

破損・傷加工も高品質画像加工。
商品の細部までしっかりと表現し、目を惹く写真は商品ページの
アクセントになります。

破損 レタッチ photoshop フォトレタッチ代行

撮影では表現できない
グラフィックのような写真で、
購買欲を高める商品画像を。

レタッチャーによる Retouchingサービスはスマートフォンやパソコンの
保護フィルム・ガラスフィルム・グラス・ガラス製品・時計・化粧品など、
撮影だけでは魅力が伝わらない商材を画像加工を施すことによって購買意欲を高めます。
バーチャルインではそのようなお客様のご要望にお応えいたします。
写真をフォトショップの機能を使い撮影の光や影を細かくトーンカーブでレベル補正など独自のテクニックで仕上げます

商品撮影 画像加工 高品質 photoshop フォトレタッチ代行
料金一覧商品高画質加工
1枚 5,000円~
※1枚の中に撮影が必要なカットがある場合、1カットにつき500円追加となります。
修正回数 1回まで

商品画像制作セットとの
組み合わせも可能

商品写真撮影(最大13枚) 商品ページ画像(5枚)

ハイクオリティープラン(1カット~)

とるつくるシンプルプラン adobe photoshop フォトレタッチ代行 15,000円~

※ハイクオリティプランの加工が必要なカット数、内容によって料金が変わります。 adobe photoshop フォトレタッチ代行手続き adobe photoshop フォトレタッチ代行
マルチツール 特徴 photoshop フォトレタッチ代行 マルチツール アウトドア用品 adobe photoshop フォトレタッチ代行 マルチツール ディテール adobe photoshop フォトレタッチ代行

まずはお気軽にお問い合わせください

photoshop フォトレタッチ代行 メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせは

011-272-8772

不動産 マンション画像加工レタッチ 20,000円~

不動産物件の建物写真の修正サービスです。
電線や電柱を削除したり色調補正をすることにより、魅力的な写真に仕上げます。
電柱・電線・不要物の除去、アンテナの除去、窓の写り込みの修正、明るさ補正

不動産 マンション アパート 建物 photshop フォトレタッチ代行

プロ 画像加工 photoshop フォトレタッチ代行

通常加工 商品画像 ゴミ取り photoshop フォトレタッチ代行
 

料金・加工内容

背景白飛ばし加工 1カット 100円

商品の影を残して背景を真っ白に加工します。

JPG形式 商品画像 背景白
before 商品画像 レタッチ前
矢印
after 背景白 photoshop フォトレタッチ後

背景透過切り抜き加工・背景白切り抜き加工

背景を切り抜き、商品の影も消して透過データまたは、真っ白にします。その後の合成・背景加工などに最適。

PNGまたはPSD、JPG 背景透過 背景白 photoshop フォトレタッチ
before 商品画像 レタッチ前
矢印
after 背景透過 背景白 photoshop フォトレタッチ後

切り抜き加工価格表

加工作業時間に基づき、作業難易度別に価格が変わってまいります。詳しくはお問合せくださいませ。
※商品の集合カットの場合、下記価格×個数分の料金が発生いたします。

  • 難易度A レタッチ
  • 1カット
    100円
  • 参考画像 家具 シンプル photoshop フォトレタッチ代行
  • 参考画像 アクセサリー ジュエリー シンプル photoshop フォトレタッチ代行
  • 参考画像 キャリーバッグ adobeフォトレタッチ代行
  • 難易度B レタッチ
  • 1カット
    300円
  • 参考画像 人物 モデル photoshop フォトレタッチ代行
  • 参考画像 観葉植物 インテリア photoshop フォトレタッチ代行
  • 参考画像 アクセサリー ジュエリー ネックレス photoshop フォトレタッチ代行
  • 難易度C レタッチ
  • 1カット
    800円
  • 参考画像 自転車 複雑 photoshop フォトレタッチ代行

購買欲があっても、それに伴う商品自体の良さが伝わらないと 結局はお客さんにスルーされてしまいます。
汚い画像を載せていると、売り上げはもとより、そのショップのイメージダウンにも繋がります。一度悪い印象を
持たれてしまうと、なかなか挽回することが難しくなってきますよね。
実店舗でもそうですが、ウィンドーに飾る商品はより綺麗に見せようと努力していると思います。
手に取れないネット上での買い物の場合、やはり商品画像が命となるでしょう。そこで利用したいのが格安・高品質の写真修正・加工業者です。
写真集やCDジャケットを手掛けるプロのレタッチャーが、写真を蘇らせます。
人物切抜き、モデル切抜き、モデル加工、合成、美容整形、切り抜き、色調補正、モノクロ写真をカラー写真化、
バナー制作など、どんなことでも当社にご相談ください。
画像加工、写真修正に特化したサービスを高品質、低料金にてご提供いたします。
切り抜き、除去、合成、色変え、フィルター加工、整形、遺影作成、カラー化など、画像や写真に関わることは全て承ります。
デザイン、印刷、不動産、旅行、ネットショップなど、様々なお客様にご利用頂いております。
その他に結婚式や入学式、年賀状,招待状など記念撮影などの加工。
明るさ調整、トリミング、画像合成、オーダー加工やお任せ加工、バナー作成などにも写真加工修正対応させていただきます
のでお気軽にお問い合わせください。

photoshop フォトレタッチ代行 加工サンプル

まずはお気軽にお問い合わせください

photoshop フォトレタッチ代行 メールフォーム
お電話でのお問い合わせは

011-272-8772

レタッチ技術は、写真や画像の編集において重要な要素です。
LightroomとPhotoshopは、プロフェッショナルからアマチュアまで幅広いユーザーに人気のあるレタッチツールです。
Photoshopでは、肌のレタッチやコスプレ写真の編集が簡単にできるため、美しい人物写真や証明写真のレタッチに適しています。
ポートレートレタッチでは、フォトショップを使用して顔のパーツを調整したり、肌の質感を整えることが可能です。
これにより、写真の見栄えを向上させることができます。
また、フィルム風のレタッチを施すことで、レトロな雰囲気を持つ画像を作成することもできます。
星空や夜景の写真に対するレタッチも非常に人気があります。
これらの画像のレタッチでは、LightroomやPhotoshopを活用して暗い部分を明るくしたり、星や街の明かりを強調したりすることができます。
このようなレタッチ技術は、プロの写真家だけでなく、趣味の写真家にも役立ちます。
コスプレレタッチでは、衣装や背景を強調し、フォトレタッチを駆使して写真の雰囲気を調整することができます。
これにより、コスプレイヤーの魅力を引き出すことができます。
レタッチを行うことで、画像のクオリティを向上させることができるため、写真家やデザイナーにとって不可欠なスキルです。
総じて、「レタッチ」は写真や画像をより魅力的に見せるために行われる重要なプロセスであり、
LightroomやPhotoshopなどのツールを使ってさまざまな種類の写真を編集することができます。
これらのツールを活用して、我々は美しい写真を作成します。

画像のレタッチにお困りの方はいらっしゃいませんか?

photoshop フォトレタッチ代行

画像のレタッチ(フォトレタッチ・リタッチ)とは、写真、画像データを編集することです。
レタッチソフトを使って修正や補正、加工を行います。

現在、多くのレタッチソフトが登場し、一般的なPhotoshop(フォトショップ)の
レタッチソフトのほか、Photoshop販売元のAdobe(アドビ)のソフトからは、
Lightroom、illustrator、Indesign、動画編集できるAdobe Premiere Proが発売されています。


しかし、これらのソフトを購入していくと月々の料金がかかってしまうのが大変。
Photoshopは月々2480円、Lightroomは月々980円、Adobe Premiere Proは月々2480円です。
Adobe以外だと、GoogleのSnapseed、Polarr写真エディター、TouchRetouch(タッチレタッチ)
など無課金、無料アプリもありますが、細かい部分までリタッチしようと思うと有料アプリや
有料ソフトがおすすめです。
Photoshopでは肌補正のレタッチもできます。

写真のレタッチ機能は、明るさ調節や写りこみの除去もできる優秀さで、
スマホのカメラ機能にあるようなセピア色や白黒のフィルム風のレタッチさえ簡単にできます。
レタッチ写真は、スマホ写真の修正レタッチが有名でしょうか。

芸能人の加工で指摘されることが多いですが、わざとらしい加工ではない限り目立つことはありません。
企業ホームページの風景画やマンションホームページの眺望写真、夜景のレタッチでは邪魔な建物を削除したり、
CMの芸能人の肌のレタッチはPhotoshopのレタッチで肌のシミやシワを消していたりします。
やりすぎなければ違和感もありませんし、美しく見せてくれます。

ただ、レタッチの技術は、レタッチ専門家のフォトレタッチャーによってピンキリで、
見た人に違和感を抱かせず「きれいな写真」と納得させなくてはいけません。


人物レタッチでは、写真のレタッチはプロの「フォトレタッチャー(レタッチャー)」に任せた方が格段に違います。

顔のシミやシワを消すだけならいいのですが、適度なツヤ感とマット感で美肌に見せる技術は、
あまりやりすぎるとプリクラ感が出てしまいます。
企業に依頼したいものの、例えば広告代理店の博報堂のレタッチャー依頼をすると価格が高く、
かといって写真のチェーン店などでレタッチ依頼をすると自分の思ったレタッチ加工までしてくれていないこともあります。


株式会社バーチャルインのレタッチでは、画像加工では、1カット1000円から。価格が安いのに、ご納得していただけるクオリティの仕上がりをめざしています。

adobeフォトレタッチ代行

写真のレタッチ技術は楽天市場やAmazonのECサイトに利用するスマホやメガネ、香水などの化粧品、
アクセサリーなどの物撮りにも利用可能で、商品の輝きやツヤ感を生かし、魅力をよりアップさせます。
商品写真は単体で撮影することもできるほか、ワインが滴る様子、商品に水滴がつく様子などを加工で演出することもできます。
ECショップの経営者様で、画像処理を自分たちでやろうと思ってphotoshopを購入したはいいものの、
操作方法が難しくプロのような画像にまではならないとお悩みの方がいらっしゃいます。
費用もかかり、とてももったいないです。

また、ECショップの経営が順調になっていくにつれて商品が多くなっていき、
画像処理の負担がいつも以上に重くのしかかることもあります。
また、ネットショップ独自のガイドラインが変更になり、
画像に挿入できるテキストの割合が改定されたりして、
そのたびに画像修正していたら大変ですよね……。

商品画像は、色味の補正をするほか、画像のリサイズ・トリミング、ファイルをリネーム、
画像解像度を変更、背景色の変更など様々な希望にも応えます。


レタッチは肌補正だけではありません。

photoshopで建築物のレタッチもします。不動産会社のマンションなどの加工にも応えます。
こちらは20000円からで、電線、電柱を削除するほか、夕日や星空の写真レタッチ、
窓の写りこみを修正、明るさの補正もできます。

撮影した写真に加工で東京タワーをつける、天体や星空のレタッチ、車の金属をリタッチし輝きを増す、
iPadで撮影した暗い写真(淡い色の写真)のレタッチなど……「こういった場合はレタッチできる?」と
お見積りに迷われた場合も、一度ご連絡ください。
写真合成では、元々あるフリー素材の一眼レフ写真に、ECサイト様の商品写真を合成して作ることもできます。
1カット5000円から利用でき、合成とわからない完成度と評判いただいています。

例えば、専門的な話になるかもしれませんが、逆光写真もレタッチで美しさを再現可能。
モデルの表情がわからない写真もphotoshopのレタッチソフト、Lightroomを使って肌を美しくよみがえらせることができます。
逆光で使われるソフトLightroomは、逆に光芒の写真を作ることもできます。
光芒は太陽の光が雲の間から出ている様子といえばわかりやすいでしょうか。
光がなくて暗い状態なのですが、一眼レフやミラーレス一眼で撮影した工場夜景から光が漏れ出す様子や
星空の輝きなどもレタッチソフトでその美しさを再現できます。
photoshopは肌補正のレタッチが有名ですが、レタッチとは写真だけにとどまりません。
動画にも使われ、動画レタッチと言われます。肌をきれいに見せ、人などの写りこみも削除できます。
4Kの普及で、これから高度なレタッチができる企業が人気になってくるはずです。
有名企業に依頼してしまうと、予算が高くなってしまうため、
安価ででき、かつ高品質な株式会社バーチャルインをぜひ検討に加えてみてください。

製品レタッチを成功に導く8つの実践ポイント

製品写真のレタッチは、商品の魅力を最大限に引き出す重要な工程です。製品レタッチャーにとって、技術だけでなくクリエイティブな視点も求められます。レタッチ作業に取り組む際には、正確な色補正やハイライトの調整、また製品の細部までこだわった reto uch が欠かせません。更に、レタッチ作業の前にはクライアントの要望をしっかりとヒアリングし、コミュニケーションを大切にすることも重要です。製品レタッチにおいては、リアリティーを損なわないよう注意深く re-touc h を施すことが肝要です。以上のようなポイントを押さえつつ、高品質な製品写真を制作できるよう心がけましょう。

レタッチの基礎知識

製品写真のレタッチを行う際には、いくつかの基礎知識が求められます。まずは、正確な色補正が不可欠です。製品の色合いや明るさを調整し、実物に忠実な色再現を目指しましょう。また、ハイライトやシャドウの調整も重要です。製品の形や質感を生かすために、適切なハイライトとシャドウの調整が必要です。さらに、細部までこだわった re-touch が必要です。商品の傷や汚れを取り除いたり、細かなディテールを補正することで、製品の美しさを引き出しましょう。レタッチ作業を行う際には、クライアントやデザイナーとの円滑なコミュニケーションが欠かせません。要望や方針を正しく理解し、それを反映できるよう努めましょう。これらの基礎知識をマスターし、製品写真の魅力を最大限に引き出すことが重要です。

レタッチって何?

レタッチって何?レタッチとは、写真や画像を加工して調整・修正することを指します。製品写真や広告の場合、撮影時に完璧な状態で写真が取れることは稀であり、レタッチによってイメージのクオリティーを向上させます。具体的には、色味の調整、ハイライトやシャドウの強調、細部の修正、または不要な要素の除去などが挙げられます。レタッチを通じて、商品の魅力を最大限に引き出し、視覚的な魅力を高めることが目的です。これによって、消費者により魅力的な商品を提供することが可能となります。製品写真のレタッチには、専門的なスキルと経験、そしてクリエイティブな視点が求められます。また、クライアントやお客様の要求に応えながら、商品の本質を損なわないようにサービスを提供するとが肝要です。

レタッチャーの役割

レタッチャーの役割は、製品写真をより魅力的に見せることにあります。彼らは色補正や明るさの調整などの技術的なスキルを持つだけでなく、クリエイティブな視点やディテールへの敏感さも求められます。製品写真は製品そのものの代わりとなるため、クライアントの要望に応えつつ、視覚的な魅力を引き出すことが重要です。レタッチャーは、製品の特長や質感を最大限に生かしつつ、不要なディテールを除去するスキルを持っています。彼らはクリエイティブなアイディアを活かし、高品質な製品写真を実現します。また、クライアントとのコミュニケーションも欠かせません。クライアントの要望やブランドイメージを正確に理解し、それを反映するための調整や修正を行います。レタッチャーは、製品写真に魅力とリアリティーを与える重要な存在なのです。

高品質な製品画像を作るレタッチテクニック

高品質な製品画像を作るレタッチテクニックには、いくつかの重要なポイントがあります。まずは正確な色補正が欠かせません。製品の実物とできるだけ近く、また商品のイメージに合った色合いやトーンに調整することが重要です。また、製品の細部までこだわった reto uch も大切です。ハイライトやシャドウ部分の調整をうまく行うことで、製品の魅力を最大限に引き出すことができます。さらに、製品のリアリティーを損なわないよう注意深く re-touc h を施すことも重要です。そのためには、クライアントの要望を十分に把握し、コミュニケーションを密に行うことが肝要です。これらのテクニックを駆使し、製品画像のクオリティーを高めることが、製品レタッチャーの重要な役割と言えます。

不要な物を消すレタッチ手法

不要な物を消すレタッチ手法には、以下のような方法があります。まず、クローンスタンプツールを使用して、不要な物体をサンプリングした部分から元の写真に上手にコピーする方法があります。この手法を使用すると、写真から物体を取り除く際に自然な見え方を実現することができます。また、不要な物体を消すためには、パッチツールを利用して周囲のピクセルとの調和を図りながら適切な修正を加える方法も有効です。さらに、レイヤーマスクを使用して不要な部分のレタッチを行うことで、編集前の状態に簡単に戻すことができる利点があります。これらの手法を組み合わせて使うことで、不要な物を消すレタッチ作業をスムーズに行うことが可能です。

色調補正のコツ

製品画像の色調補正は、商品の魅力を引き立てる重要な工程です。まずは、正確な色再現が不可欠です。製品の実物とできるだけ近い色合いやトーンに調整することが肝要です。特に製品のイメージに合った色味を追求することが大切です。また、製品ごとに最適な色調を見極めることが重要です。照明環境や素材によっても色味は異なりますので、製品の特性に応じて調整を行うことが求められます。さらに、色相や彩度、明るさなどのパラメーターを適切に調整することで、製品のビジュアル表現を向上させることができます。色調補正においては、細部までこだわったアプローチが求められるため、緻密な作業を心がけましょう。

明るさ・コントラスト調整の精度を高める

明るさ・コントラスト調整の精度を高めるためには、まず画像編集ソフトウェアの各調整ツールを使いこなすことが重要です。明るさやコントラストを微調整する際には、細かな部分まで目を配り、製品の特徴や質感を損なわないよう注意深く調整することが必要です。

次に、複数の調整レイヤーを使用して、明るさとコントラストの調整を分けて行うことで、細かな部分までの調整が可能になります。特に製品写真では、細部までこだわった調整が求められるため、レイヤーを使い分けることで、柔軟かつ精緻な調整が行えます。

さらに、明るさとコントラストの調整だけでなく、トーンカーブやレベル調整などの高度な調整機能を駆使することで、製品写真に臨場感や立体感を与えることが可能です。これらのテクニックを駆使し、明るさ・コントラスト調整の精度を高めることが、高品質な製品画像を作るための重要な要素となります。

Photoshopを活用したレタッチ加工

製品写真のレタッチにおいて、多くのプロフェッショナルが利用するのがAdobe Photoshopです。このソフトウェアを活用することで、製品写真の魅力をより際立たせることができます。まずは、正確なカラーバランスや明るさ、コントラストなどの調整が必要です。次に、不要な汚れや傷を修正し、製品の細部までこだわった reto uch を施します。また、Photoshopのレイヤー機能を活用して、円滑な編集作業を行うことが重要です。レタッチャーは、ツールやフィルターを駆使して、製品写真にクオリティーの高い仕上がりをもたらすことが求められます。そして、最終的な出力形式に応じてフォーマットを調整し、高品質な製品写真を実現します。Photoshopを使いこなすことで、魅力的な製品写真を生み出すための幅広い技術が可能となります。

基本的なPhotoshop操作

Photoshopを活用した製品写真のレタッチ加工には、基本的な操作が必要不可欠です。カラーバランスや明るさ、コントラストの調整、不要な汚れや傷の修正など、基本的な画像編集作業が重要です。また、レイヤー機能を使った効果的な reto uch や修正作業もポイントとなります。さらに、ツールやフィルターの適切な活用、フォーマット調整なども基本中の基本です。これらの操作をマスターすることで、製品写真の魅力を最大限に引き出すことが可能となります。

応用編:クリエイティブな加工技術

製品写真のレタッチにおいて、基本的な修正作業に加えて、クリエイティブな加工技術を応用することで、より魅力的な製品写真を生み出すことが可能です。まずは、商品の背景をモノクロ化して、製品を際立たせる手法があります。また、シャドウやハイライトの強調を加えることで、立体感や質感を強調することも効果的です。さらに、モーションブラーを加えることで、製品の動きを表現することも可能です。これらのクリエイティブなテクニックを駆使して、製品写真に新たな表現を加えることができます。しかし、応用技術を駆使する際には、過剰な加工によるリアリティーの損ないには十分に注意が必要です。ユーザーが製品の特長や魅力を正しく認識できるよう、バランスを保ちながらクリエイティブな技術を活用することが求められます。

レタッチ依頼の正しい出し方

製品レタッチを依頼する際には、クリアな指示と具体的な希望を明記することが重要です。例えば、製品の色調や明るさの修正、不要なキズや汚れの除去など、具体的な修正箇所やスタイルを依頼書に明記します。また、可能であればレタッチの前後でのサンプル画像や具体的なイメージの共有も有効です。さらに、納期や利用用途、必要なファイルフォーマットなどもしっかりと伝えることで、効率的なレタッチ作業が可能となります。

期待するイメージを明確に伝える

期待するイメージを明確に伝えることは、製品レタッチの成功に不可欠です。レタッチャーに対して具体的なイメージや修正のポイントを伝える際には、言葉だけでなく、参考となる画像やイラストを添付すると効果的です。例えば、「製品の色合いを自然な印象に修正してほしい」「ハイライトを強調して光沢感をアップしてほしい」など、具体的な要望を箇条書きにして伝えることで、レタッチャーとのコミュニケーションを円滑に進めることができます。また、修正前後のイメージの違いを示すモックアップ画像を作成することも効果的です。それにより、クライアントとレタッチャーとの間で期待するイメージに関するミスマッチを避けることができます。

納品ファイルの種類と使用用途を指定する

製品レタッチの納品ファイルの種類と使用用途を指定する際には、クライアントがその製品写真をどのように利用するかを考慮することが重要です。Web用途であれば、印刷向けの高解像度ファイルよりも軽量なJPEG形式が適しています。また、SNSやウェブサイトなどのプラットフォームによっても必要なファイル形式は異なるため、納品先の利用環境を事前に把握しておくことが大切です。

レタッチに関するFAQ

製品
Q: レタッチ作業にどのくらいの時間がかかりますか?

A: レタッチ作業にかかる時間は、製品の複雑さやクライアントの要望によって異なります。一般的には、1枚あたり30分から数時間が目安となります。

Q: 修正箇所の指示を具体的に伝えることは可能ですか?

A: はい、製品レタッチャーに対して修正箇所の詳細な指示を伝えることが可能です。修正が必要な箇所を具体的に指示することで、クライアントの要望に沿った仕上がりを目指せます。
Q: 修正後のファイルはどのような形式で提供されますか?

A: 修正後のファイルは、一般的にはお客様の希望する形式で提供されます。通常はJPEGやPNG形式での提供が一般的です。amazonの出品画像もJPEGです。

よくある質問とその回答


Q: 製品レタッチを依頼する際、どのような情報が必要ですか?

A: 製品レタッチを依頼する際には、できるだけ詳細な情報を提供してください。製品の写真が必要ですので、可能であれば元の写真を提供いただくか、製品の特徴や希望する仕上がりについて具体的に教えてください。

Q: レタッチ作業の前に見積もりを依頼することは可能ですか?

A: はい、レタッチ作業の前に見積もりを依頼することができます。製品の写真や希望する仕上がりについての詳細をお知らせいただければ、詳細な見積もりを提供いたします。

Q: 修正後のファイルにロゴやテキストの追加は可能ですか?

A: はい、修正後のファイルにはロゴやテキストの追加も可能です。修正作業の際にご希望をお知らせいただければ、追加作業を行うことができます。

事例紹介:成功した製品レタッチ

製品レタッチの実践において、成功した事例をご紹介します。まず1つ目の事例は、時計の撮影を行った際の製品レタッチです。元々の写真では、時計の針の微細な線がわかりにくく、商品の魅力が伝わりづらい状況でした。しかしながら、レタッチャーが丹念に針の線を整え、細部までこだわった調整を行った結果、商品のクオリティーが大幅に向上しました。2つ目の事例は、家具の写真を撮影した際のレタッチ作業です。撮影時に照明の具合が思わしくなかったため、元の写真では商品の質感や色味がうまく表現されていませんでした。しかし、色補正や明るさの調整を行うことで、商品の本来の魅力を引き出すことに成功しました。こうした実際の事例を通じて、製品レタッチが商品写真の品質向上に果たす重要な役割が理解できます。

事例に見るレタッチの影響力


製品レタッチの成功事例では、微細な調整が商品写真に与える絶大な影響が明らかになります。針の線の整え方や色調の微調整など、ささいな変更が商品の魅力を際立たせ、購買意欲を高めます。また、撮影時の不具合を補うことで、写真のクオリティーが飛躍的に向上し、デザイン制作や顧客に対する印象を向上させることが可能となります。

レタッチの仕事に必要なスキルセット

製品写真のレタッチにおいて、必要とされるスキルセットは多岐にわたります。まず第一に、高度なPhotoshopやLightroomのスキルが不可欠です。色補正やハイライトの調整、レイヤーの使い方など、ソフトウェアを深く理解し、使いこなせる能力が求められます。また、製品の特性やクライアントの要望を理解し、それに応じたレタッチ技術を駆使する柔軟性も重要です。さらに、デザインや写真編集の知識に加え、クリエイティブな視点や細部にまでこだわる注意力も欠かせません。コミュニケーション能力も不可欠であり、クライアントとの円滑なコミュニケーションを図りながら、要望を正確に把握する能力も求められます。製品写真のレタッチに携わるには、これらのスキルを効果的に活用し、高品質な成果物を提供できるよう努めましょう。

まとめ

製品レタッチにおいて成功するためには、以下のポイントをしっかりと押さえることが重要です。

まず第一に、正確な色補正と明るさの調整が欠かせません。製品の実物の色合いや質感を忠実に再現することが求められます。さらに、製品の細部までこだわったレタッチが不可欠です。その際には、レタッチャー自身のクリエイティブな視点も活かすことが重要です。

また、クライアントとのコミュニケーションも大切です。クライアントの要望やイメージを正確に把握し、それに沿ったレタッチ作業を行うことが求められます。

最も重要なことは、製品のリアリティーを損なわないことです。高品質な製品写真を提供するために、技術と感性を兼ね備えたレタッチャーの役割は非常に重要です。製品レタッチにおいては、これらのポイントを意識して作業に取り組むことが必要です。

レタッチ撮影 お役立ち情報

お役立ち情報をもっと見る >

あなたをお助けする個別のプラン

お問合せ・ご依頼はこちらへ!

TEL

011-272-8772
営業時間:月~金10:00~18:00
休業日:土・日・祝日

お電話でお問い合わせ お電話でお問い合わせ
MAIL

info@photo-o.com
24時間受付

メールでお問い合わせ

お支払方法

銀行振込/VIN ポイント/各種カード決済 VISA MASTER JCB AMEX DINERS