amazonブランドストーリー
制作プラン

お申し込みはこちらから  

ブランドについての思いを紹介したい方へ

ブランドストーリーで
もっとアピールしませんか?

ブランドカードについて 1枚
ブランドカードメディア資産 5枚

基本プラン

64,800円

※掲載する商品のASINが必要になります。
※文言、使用画像、ロゴデータをご支給頂きます。

オプション

サブ画像追加15,000円

ブランドカード4つのASIN
ブランドカードについて
ブランドカードに関する質問
最大19枚まで設置できます

制作サンプル

sample

モジュールについて

ブランドカード4つのASIN

4つの商品のASINと画像+ストアURLの掲載

ブランドカードについて

ロゴ1つ+ブランド説明分の掲載

ブランドカードに関する質問

3つのQ&Aの掲載

ブランドカードメディア資産

背景画像+説明文の掲載

まずはお気軽にお問い合わせください

メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ

TEL:011-272-8772

Virtual In マニラ支社
Unit 504-P, Pacific Drive Five Ecom Center Bldg, Pacific Drive Extension
Block 18 Mall of Asia Complex, Pasay City, Philippines

Virtual In 札幌本社
〒060-0001
北海道札幌市中央区北一条西7-3 北一条大和田ビル4階

Amazonのブランドストーリーは、書き方によって大きな共感を得られます。

商品紹介だけでなく、企業イメージを向上させる共感を得られる書き方をすることで、企業のファンを作れるブランドストーリー。

企業のファンになってもらうことで、継続的な消費者としてリピート購入が期待できます。ブランドストーリーに力を入れるべき意味と、具体例、作り方において必要なことを教えます。

Amazonブランドストーリーとは

ブランドストーリーとは、ブランドのコンセプトのことです。企業が掲げる目標、ブランドイメージも伝えられます。

Amazonブランドストーリーとは、Amazonの商品ページの中に「ブランド紹介」として掲載されている内容で、このブランドストーリーの良さで、企業ファンが増え、売上が左右すると言っても過言ではありません。

ブランドストーリーでは商品ができるまでの過程、企業がめざすイメージ、企業努力を紹介します。

会社のブランド価値を紹介することで、企業ブランドの強みや魅力を伝えることができます。消費者が企業の魅力を知るためにも効率的な方法です。

ブランドストーリーで伝えられること

ブランドストーリーで伝えられることは、大きく4点あります。

1. 機能的価値
同じ商品でも機能的価値がそれぞれ違います。他製品と違った魅力を伝えることができます。

例:カード枚数を多く収納できる財布、デザインのいい文房具、肌ざわりのいい毛布

2. 情緒的価値
ブランドストーリーでは、企業やブランドのファンになってもらえます。企業やブランドのファンになってもらえば、似たような商品が販売された時も、ブランドの商品を買ってもらえ、リピーターが増えます。また、数量限定商品、季節限定商品だと、入手した時の嬉しさも価値を向上させます。

例:食品添加物無添加の食品ブランド、好きなブランドの数量限定の洋服、地域限定のお菓子

3. 自己表現的価値
ブランドストーリーが気に入ったブランドを持つことで、自分の価値観やスタイルを表せると思う人が増えます。そのブランドを持つことで、自己評価が上がると考えた人が増えるほど、ブランドの魅力が増します。

例:最新モデルのスニーカーをはくことでトレンドを押さえていると感じてもらえる、私立受験時に親が着る洋服ブランドを指定すると受かりやすいジンクスがある、社会貢献活動をしている化粧品メーカーのスキンケア商品を買う

4. 社会的価値
ブランドを持つことで、社会的に価値があると感じてもらえるようになります。

例:カフェチェーン店で仕事をすることで「かっこいい」と周囲に感じてもらえる、最新スマホ機種などのガジェットを持っていることで情報通と理解してもらえる、デパートに行く時にブランドバッグを持っていくと接客が丁寧に感じられる

ブランドストーリーを上手に活用した企業

■ Gucci(グッチ)
Gucci(グッチ)では、グローバル・ブランドアンバサダーとして、俳優の志尊淳を指名。また、アイウェアコレクションには、ビリー・アイリッシュが登場。adidas(アディダス)とのコラボ商品も話題です。ハイブランドでありつつ、年代を問わず、若い世代からも愛されるようなブランドコンセプトを推奨しています。

■ ランコム
化粧品ブランドのランコムは、ブランドミューズとして戸田恵梨香を指名。 女性支援活動の「Write Her Future」では女性のデジタルリテラシーを学ぶ支援事業プロジェクトを推進。乳がん検診の早期受診を推進する「ピンクリボン運動」にも参加し、売上金額の一部を寄付しています。

■ レクサス
トヨタ自動車が1989年に販売開始した高級車ブランド、レクサス。アメリカで販売され、ラグジュアリーでありながら、カジュアルに乗りこなせる自動車を提案。若い世代にも訴えかけるブランディングをしています。 また、レクサスオーナーズラウンジはレクサスオーナーならいつでも訪れることができ、ドリンクやお菓子サービスが無料で受けられます。

ブランドストーリーの具体例

ブランドストーリーの具体例として、例文を挙げてみます。

「このコーヒーは、ミルクに合うブレンド豆です。」

「このコーヒーは、ミルクに合うよう、長年の研究を重ねた結果、こだわりの配合となったブレンド豆です。」

同じような内容の文章ですが、ブランドストーリーの書き方や作り方を工夫するだけで魅力が倍増します。

商品を見て、消費者が魅力を感じやすいか、商品を指名して購入したくなるかが大切です。

ブランドストーリーを作るために必要なこと

ブランドストーリーを作る時、誰に売りたいか、競合企業と比較して何が違うか、ブランドのファンになってもらうためにどうすべきかを考えます。

1. 対象
ブランドストーリーを作るために大切なこととして、誰に販売したいのか、ペルソナを決めましょう。男性か、女性か、何十代かのほか、家族構成や何が好きかなども考えておくことをおすすめします。

2. 企業価値を確認する
企業のどこに価値があるのか考えましょう。製品のよさを考え、競合他社の製品よりも、何がいいのかを考えておきます。

3. 魅力をどのように伝えるか
商品を紹介するだけでなく、企業イメージを伝えたり、短く理解してもらえるキャッチコピーを作ります。

4. 購入を後押し
消費者が購入を迷った時、購入を後押しできる体制を整えます。数量限定や季節限定商品の場合は、「今」購入しないといけない理由を伝え、製品を買うべき根拠を示します。

5. ブランドを共感できる部分を盛り込む
ブランドに対して共感がないと顧客はファンにはなりません。消費者が利用して納得できるよう、顧客を満足させ、口コミでも満足度が高い内容につなげます。

株式会社バーチャルインでのブランドストーリー作成

株式会社バーチャルインでは、Amazonブランドストーリー制作プランがあります。

基本プラン……
ブランドカード1枚、ブランドカードメディア資産5枚で64,800円

オプション……
サブ画像追加15,000円※ブランドカード4つのASIN、ブランドカード、ブランドカードに関する質問など最大19枚まで

サンプルモジュールもありますので、迷っていらっしゃる方は無料お見積やご相談からどうぞ。

一緒に企業の魅力を追究し、企業ブランドの確立を推進していきましょう。