ネットショップ開業時に役立つ商品撮影

商品写真によって、買ってもらえる可能性が大きく変わるので、是非参考にしてご自身で撮影してみてください。

商品撮影はネットショップの「顔」です。

難しく考える必要はありません。どのように表現するか考えましょう。

自分で撮影したいけど思うようにいかない、そんな方は簡単な撮影方法から知っていきましょう。

ステップアップ方法

自分が感じた「おいしそう!」や「綺麗!」という感動まで伝わる写真を 撮るのは難しいものです。 ネットショップの売り上げUPにはそうした「伝わる写真」が欠かせないのです。 まずは基本の撮影方法とちょっとしたコツを“知る”ことから初めて 実践してみましょう。

ネットショップ開業時も

お客様は直接商品を手に取って眺められないので 同じ商品でも写真の見栄えだけで、売上は桁違いに変わっていきます。 ネットショップ開業時もお客様の目線にたつことがなにより重要です。

ちょっとしたコツさえ押さえれば簡単にプロなみの撮影が可能に

撮影時の照明、角度など少し変えるだけでも大分かわってきます。まずはライティングと照明がなぜ必要かを知っていきましょう。

そもそも、明るさは室内ライトやフラッシュでいいのではないか、そのように思われる方も勿論いらっしゃいます。
しかし、実際の商品撮影となるとカメラのフラッシュや蛍光灯の明るさでは、商品を画像で「伝える」という力は、まずたりません。

みようみまねで白い紙の上に商品を置いて明るい部屋で撮影してみた結果、下記写真のように少し薄暗い感じの写真ができあがった経験はないでしょうか?

薄暗く詳細も見えづらいこのライトは、どんなことができるか伝わらないので購入したいとは思えません。

照明を当てるだけでこのようにかわり商品の詳細や、滑り止め加工・腕に付けられるストラップの詳細もわかります。

ポイント1

室内ライトやフラッシュだと暗くなって思うように撮影できない場合があるので電球が蛍光灯で、首の向きが調整できるものがおすすめです。

ポイント2

背景は全体的に白いほうが明るさを確保しやすく、写真に与える影響も少ないので何かと便利です。

より明確に詳細画像はあればあるほどお客様に伝えることができます。

前・横・後ろは勿論のことバッグであれば中を開いた画像やサイズ感はどのくらいで、アイテムはどのくらい入るのか、などお客様は商品を手に持っていないため想像しかできません。

スカーフを撮影するなら、実際に巻いているようにセットすると、素材感も伝わります。色違いや柄違い、シリーズがある小物なら、並べてみるのも表情がでます。

カラフルな写真は、パターンを見せるだけでなく、写真を明るく華やかにしてくれるので、見る人に印象にも残ります。

細部、質感など商品の詳細をできるかぎり説明し、着用シーンや手に持つ、スマホやペットボトルなど、サイズが想像できるものと並べたり、 収納した画像を撮ることでサイズ感がわかりやすいように撮影すればより身近に感じることができます。

その商品を使った自分がどうなるか、手順の説明、組み立て方など用途や使い方が分かるよう撮影しましょう。

使用シーンを連想できるものと一緒に撮影することで見ている人の想像を掻き立て購入意欲を引き立てます ポイント1

商品の特徴を的確に伝える商品の形やサイズ・色や質感・機能などの事実が分かるように撮影します。

ポイント2

商品を買うと得られるメリットを伝える商品の用途や使い方・おいしさや楽しさといったメリットが伝わるように撮影します。

ポイント3

商品にピントが合っている写真にメリハリが出て綺麗に見えますし、質感などの商品ディテールも伝わります。

商品の特徴を的確に伝え、見ている人の想像を掻き立てること、「かっこいい!」「かわいい!」など感動させることができれば「お客様に伝わる写真=商品が売れる写真」です

まとめ

「これを売りたい!」と思ったときに自分で写真が撮れるようにしておくと、効率的で、売り時をつかむことにもつながります。 売り上げアップにつながる写真とは、伝わる写真です。商品を売るために綺麗な写真を掲載することはとても大切ですが、写真から想像できる商品の色味や質感、 サイズ感などが実物と違っていたら、お客様をがっかりさせたり返品されたりするでしょう。 商品の特徴やメリットを、できるだけ的確に伝えられる写真を目指しましょう。 お客様に「考えさせる」工夫をし、どのような画像があれば安心できるのか、消費者の立場となって考えることが大事です。