ルイ・ヴィトンがプロジェクションマッピングによる映像でトランクの発展・変遷を表現

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)が、ブランドのトランクの変遷を映し出した最新の映像作品「Retracing the Trunk」を発表した。

「Retracing the Trunk」はプロジェクションマッピングの技術用いて作られている。トランクの製造はじまる19世紀から21世紀を交差させ、万華鏡のように様々に変化するデザインを創りながら、時代を超え、多くの特別な製品が発展していく姿を表現した。

プロジェクション・マッピングとは、実物と映像をシンクロさせる映像手法。建築物や家具、トランクなど立体物に投映、両者が融合することで幻想的で、まるで静的なオブジェが生きているかのうような世界を作りだす。今回の映像は、パリのLes Courtisans社が担当。最新のプロジェクションマッピングの技術を用い、同社のアートディレクター エドワール・ドゥラージュ(EDOUARD DELAGE)が手掛けた。

コメントは受け付けていません。